shuryo

上京学生へのアルバイト情報提供から初めて52年。日本で最も歴史のあるアルバイト求人情報サービスとして市場を開拓してきたが、時代の波に乗り遅れてしまった結果に。
東京テレメッセージが1都3県で続けてきたが、今は1500人を下回っているという
ジンバブエの人気ライオン、セシルが弓矢などで殺されてから2年。今度は別のハンターがセシルの息子、ゼンダを射殺した。
野生動物が鎖でつながれるなどして一方的に猟犬に噛まれる施設がロシアで横行し、問題になっている。狩猟前の訓練が目的だが、動物が死ぬケースもある。
二年前、私が東京都の実家から、島根県美郷町に移住した理由は「面白い仕事ができそうだから」でした。
今年も北海道にオオワシなどがやってくる季節になった。ただそのなかには北海道で苦しみ、命を落とす猛禽類が出るであろうことを思うと、冬の訪れが一層さみしさを増す。
コーガテッリ氏は自身のFacebookページに、南アフリカで合法的な狩猟をした時に仕留めた動物たちの写真を相次いで投稿した。
ジンバブエで最も有名なライオン「セシル」の殺害は大勢の人の怒りに火をつけたが、狩猟許可料によって野生生物を保護することができると主張する人もいる。果たして実際はどうなのだろうか。
「ジンバブエで最も有名なライオン」と称されていたアフリカライオンの「セシル」が、アメリカ人ハンターによって射殺された事件で、世界中の漫画家たちがセシルを称える作品を寄せた。