sochi

ソチ冬季パラリンピックで3月9日に行われたセレモニーで、緊迫するウクライナ情勢を象徴する光景が見られた。金メダルを獲得したウクライナの選手が開催国ロシアへの抗議とみられる行動をとったいう。
ソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプ銀メダルを獲得した平野歩夢、銅メダルの平岡卓、女子同5位の岡田良菜が1日、都内でファンとの交流イベントに参加した。
ソチ冬季オリンピックが幕を閉じた。今回のオリンピックは韓国人にいい思い出だけを残したとは言えないだろう。釈然としない判定で金メダルを逃したキム·ヨナ選手のためだ。キム·ヨナ選手の件で、想像以上に多くの人々が怒った。
ソチ五輪が閉幕して気が抜けております。ぼくは五輪好きです。スポーツに明るくはありませんが、「国の覚悟」と「採点競技」の2点が気になって、ヒトコト発したくなるのです。
2020年の東京オリンピック開催に向けて、ロシアのソチ冬季オリンピックを視察した東京都の舛添要一知事が25日帰国した。
ソチ冬季五輪は、ロシア南部ソチのフィシュト五輪スタジアムで閉会式を行った。17日間にわたり開催された大会が幕を下ろした。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は「素晴らしい五輪だった。選手たちがとても満足してくれたことが何よりも大きい」とコメントした。
ソチ冬季五輪が閉幕する。浅田真央選手の演技、羽生結弦選手の快挙、葛西紀明選手の奮闘――今回も様々なドラマがあった。きっと多くの人が心を動かされ、「感動をありがとう」と口にしたことだろう。
ソチオリンピックは2月22日(日本時間)、スピードスケート団体追い抜き女子が行われ、女子の日本(押切美沙、田畑真紀、高木菜那)は3位決定戦で、ロシアに破れ4位となった。
ソチ五輪フィギュアスケート男子フリー。深夜にも関わらず、瞬間最高23.1%と驚異的な視聴率を記録。金メダルをとった羽生結弦選手の人気は、国内のみならず世界的に爆発しました。たぐいまれなスケートの才能、王子様のような容姿、被災体験と苦悩の日々......。微に入り細をうがち、彼に関する情報が洪水のように流れてきます。
ソチ五輪は21日、スピードスケートの団体追い抜きを行い、女子の日本(押切美沙紀、田畑真紀、高木菜那)は1回戦で韓国を3分3秒99で下し、準決勝に進んだ。
ファンのために、支えてくれた人々への恩返しとして、そして自分自身のために滑り、成し遂げられたことがうれしいといったことを、彼女は演技後や翌日のテレビで語っていた。スポーツにおけるドラマとはほかの誰でもない、競技者自身だけがつくり出すものであるということを浅田選手は示してみせた。
あの場面、選手たちは何を語った?ソチオリンピックアスリートたちのコメントを振り返る。
ソチオリンピックは2月14日(現地時間)、フィギュアスケート女子シングルのフリープログラムがあり、前日のショートプログラムで16位と出遅れた浅田真央が、フリーではトリプルアクセルなど6種類の演技を成功させ、自己ベストを更新する142.71点を記録、合計198.22点となった。
浅田真央の演技に、安藤美姫、ミシェル・クワン、エルビス・ストイコらオリンピックを彩ったスターたちから賛辞。
ソチオリンピックは2月20日(現地時間)、新種目のスキーフリースタイル女子ハーフパイプが行われ、小野塚彩那選手が83.20点で銅メダルを獲得した。
ソチオリンピックは2月14日(現地時間)、フィギュアスケート女子シングルのフリープログラムが行われ、前日のショートプログラムで16位と出遅れた浅田真央が、フリーではトリプルアクセルなど6種類の演技を成功させ、自己ベストを更新する142.71点で合計198.22となり、6位入賞を果たした。
オリンピック開催中のロシア南部ソチで、ロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバーがプーチン大統領を批判するパフォーマンスをしたところ、治安部隊にムチでたたかれたり、唐辛子入りのスプレーをかけられたりして強制的に中断させられた。
ソチオリンピックで2月19日、スノーボードの女子パラレル大回転の決勝が行われ、竹内智香(たけうち・ともか)が銀メダルを獲得した。スノーボード女子で、日本代表がメダルを獲得するのは初めて。スキーも含めてもアルペン競技では、男子で1956年に猪谷千春が銀メダルを獲得して以来となった。
ソチオリンピックは2月19日、スノーボートの女子パラレル大回転の予選が行われ、竹内智香(ともか)選手が決勝に進出した。