sontaku

「正直、個人的には、自由な表現ができない日本ではもう芸術活動は続けられないなとも考えます。でも、私は日本人で、母国に対しての愛着もある。何かできることがないか…」。こう語ったアーティストもいました。
毎月勤労統計調査の結果数字がおかしいという疑念は、昨年の夏ごろからエコノミストや経済記者の間で囁かれていた。
「ひふみん」「Jアラート」がトップテン入りする一方、入らなかったあの言葉たち...
背景には国家の公権力と、各々の職域で遂行される忖度との結託が…
森友学園問題、秘書への暴行疑惑が世間の注目を集めました。
「私は逮捕されるが、そのことで国民が、安倍政権をますます見放すことになれば本望だ」
この国の大半の人々は、「声を上げる人」が嫌いだ。主張する人を見るとイライラする。