suisei

67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の粒子のうちKennethとJulietteと名付けられた2つについてさらに行われた化学分析結果が、今回示されている。
具体的な役割は、地球に接近する小惑星や彗星をいち早く発見し、分析すること。そして危機が迫る場合は政府や関係各機関の間の調整役もこなします。
通常、彗星に酸素はないと考えられてきたことから、太陽系の形成に関する常識を覆す可能性も指摘しています。
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星上のピット(彗星核表面で見られるくぼみ)は活動中であり、おそらく陥没穴崩壊と同様の過程で作られていることが分かった。
ラブジョイ彗星 (C/2014 Q2 Lovejoy) は2014年8月に発見された彗星だ。2015年に夜空を照らす最初の彗星になるだろうと、ナショナルジオグラフィックは伝えている。
2014年は人類にとって、また一歩宇宙が近づいた一年だった。まず、欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機ロゼッタが、史上初めて彗星への着陸に成功し、NASAも新型宇宙船オリオンの打ち上げに成功した。
地球上には絶対にないと信じられてきた彗星のちりが地表にあった。驚きの発見が日本の南極調査でもたらされた。長年の常識を根底から覆す発見だ。
人類は彗星に着陸した - 私たちは、それを証明する画像を手にしている。これは、人類史上初めて、彗星上で撮影された画像だ。
地球に住む人間にとっては悪いニュースだ。この数年間、アルマゲドンを引き起こすような隕石が人口過密地域に落下しなかったのは単なる偶然にすぎないと、かつてのNASAの研究者が述べた。
ラブジョイ彗星の高精細な尾の写真を、ハワイにある国立天文台の「すばる望遠鏡」が撮影に成功した。撮影はハワイ時間2013年12月3日午前5時半頃 、ニューヨーク州立大学や国立天文台などのチームによって行われた。観測当時、ラブジョイ彗星は地球から約 0.8 億キロメートル、太陽から 1.3 億キロメートルの距離にいたという。