sujiishukuseigawasakukokasho

ニャンちゅうの仕事を続けていることも報告した。「これからも仲間たちと楽しいものを作っていければと思います」
現代のテクノロジーのおかげで、世界に一つの贈り物が出来ました!
論文で、アタキシン2を減少させる治療法が報告されている。
開業当初からこれだけのソフト・ハードのバリアフリーを備えていたなら、すごく先進的だと思います。
現在の日本において、ALSの患者の7割が、人工呼吸器を付けず死を選択しています。
「地球上からこの病気を撲滅させるという、我々の最終的な目標にまた一足近づいています」
生きていくうえで、自分の武器って何だろう?年末年始のお休みにしこたま考えました。
出席が実現しなかった理由は…
ALS患者が「答弁に時間がかかる」事を理由に参考人としての国会質疑出席を拒否された。与党側と野党側とで意見が食い違っているが、事実は…
ALSになったことで、私の生き方の核を変えたくない。
最近は1日自宅にいることもしばしばありますが、ブログを書いている傍らで家族のいろいろな言動が感じられます。なかなか心地よい時間なのです。
先日スタジアムで嬉しい声掛けをいただいたので、ご紹介します。その親子との出会いは、2014年の開幕の頃になります...
3月19日に、社長退任後初めて講演をさせていただきました。インターン経験を経て、4月から社会人になる方々を対象にお話しました。
私はALSになっても、むしろALSになったからこそ、これからも仕事を続けたいと思っています。
私のようなALS患者のコミュニケーションの実態はどうなのかお話しします。私の声は、まさに今失われようとしています。
大変お忙しい中、「乙武洋匡」さんには1時間もお話いただき、私のどんな問いに対しても丁寧にお答えいただきました。