sutandingurokku

居留地の先住民たちにとっては懸念が的中する形となった。
今後も石油パイプラインに対する破壊行為が行われるのではないかという懸念が強くなっている。
「先住民の権利を認めよ。私たちは存在する。私たちは抵抗する。私たちは立ち上がる」
23日午後2時、抗議デモ参加者はキャンプから完全に排除された。
彼らは、オセチ・サコウィン・キャンプに何百ものテントやその他の建造物、そして有害になるほどの量の汚物をキャンプに置き去りにしていった。
最終区間は30日以内に完了できる見込みだと述べた。
「この闘いは終わりません。新たな闘いの始まりなのです」
「アメリカよ、目を覚まして。アメリカを縦断するパイプラインが、建設されようとしている」
「『キーストーンXL』と『ダコタ・アクセス・パイプライン』は、決して国益にはなりません」
フリント市は水道水が高濃度の鉛汚染に見舞われ、健康被害が出ている。
「非暴力の行動で何を達成できるかを示した」
「水の保護者たち全員に、両手を上げて感謝します」
「トランプ政権も今回の判断を尊重し、人々の意思を受け止めなければならない。闘いはまだ続く」
「アメリカ国内で行われているこの野蛮な不正を止める」
「無為無策が抗議行動への緊張を高め、州と地域の資源を酷使させている」
「写真家として、自分の技術を使い、声が届かない人々を助けることが大切だと思っている」
「無謀な活動家たちによるものだ」