taikijidomondai

2040年までに保育需要が約60%伸びると予想されている地域もある。
待機児童問題が、今年も大きく問題になっています。SNS上でも、叫びにも似た呟きがあふれています。今、一刻も早い、政治的な決断が問われています。
保育園が急きょ必要だという時に、公園が候補に挙がること事態が大きな誤りだと私は思う。
厚労省は「入園予約制」を導入して、事前に予約して(0歳で無理くりいれるのではなく)、1歳で入れるようにしようとしています。
「国とか東京都は私たちをどうしたいのかな?」(アンケートをまとめた渡邊さん)
舛添知事のセコさを叩くあまり、実はもっと激しく都民にダメージを与えていることに、我々は気が付いていないのではないでしょうか。
東京都杉並区5月13日、保育所の待機児童が大幅に増えたとして、公園などの区有地を保育施設に転用する緊急対策を発表した。これに関して区が近隣住民に対する説明会を29日に開いたが、住民からは疑問や反発の声が相次いだ。
フィンランドは、どうやって子育てしやすい国になったのか。
千葉県市川市で4月に開園を予定だった私立保育園が「子供の声でうるさくなる」などと近隣住民から反対され、運営主体の社会福祉法人が開園を断念していた。
山田氏は都連所属の立候補予定者としてあいさつした。
分かる、分かるよ。何が一億総活躍社会だよ、と。私活躍できないじゃん、と。その通り。じゃあ、政府は何もしていないのか?
出産後の職場復帰がせっかく叶っても、その先の「小1の壁」のせいで仕事をやめてしまう女性がいるのだ。
NHKの日曜討論という番組に出して頂いたのですが、そこで「保育士不足」の話題が出ました。
待機児童解消プランが進みつつあるのに、待機児童数は増えている。なぜか。