taitanikkugo

男性乗客の細野正文氏が救命ボートに乗ったことを、新渡戸稲造氏は「マンマと一命を全うした」と非難。当時の状況を振り返ります。
「本当にたくさんの氷山が漂着しています」
船員が船の速度を上げようとしたのは、大規模な火災が発生したからではないかと指摘している。