taiyokohatsuden

雨でも希望を捨てなくても良くなるかもしれない太陽電池パネルが開発された。
米国ラスベガスの光り輝くベガス・ストリップやフリーモントストリートを見ると、途方もない電気代のことを想像してしまう人も多いのではないだろうか。
ノースカロライナ州のある町が、太陽光発電所建設計画を退けた。
公立小・中学校の4校に1校が太陽光発電設備を持つことが、3日公表された文部科学省の調査結果で明らかになった。
堤防がわりの丘が削りとられていたことは、以前から指摘されていました。
インドのコーチン国際空港で、自家発電量が消費電力量を上回った。
再生可能なエネルギー企業の幹部たちは、どうやらあまり困っていないようだ。
2012年にスタートした固定価格買取制度で、太陽光発電設備に投資すれば確実に利益がでるために急増しました。土地さえもっていれば、これほどいい利回りで稼げる事業は少ないのではないでしょうか。
太陽エネルギーによる飛行で世界一周に挑んでいる1人乗りプロペラ機「ソーラー・インパルス2」が6月29日午前3時すぎに、愛知県の名古屋空港(豊山町)から離陸した。