takanami

台風21号は発達のピークを迎えているとみられ、12月4日にかけて小笠原諸島の南を北東進すると予想されています。強風や大雨に注意してください。
大雨や暴風により関東やその周辺で、交通機関などに大きな影響が出るおそれがあります。最新の情報をこまめに確認して早めに対策を進めてください。
台風はもうしばらく北上を続けるものの、明日以降は中国の上海付近でしばらく停滞する予想です。
台風13号は昨日8日にフィリピン・ルソン島に上陸。その後は西に進み、ベトナム方面に達する予想となっています。
台風5号は今後も暴風を伴って日本の南東海上を北寄りに進む見込みです。次第にスピードを速めて、あすには日本の東で「強い勢力」となるでしょう。
台風は本州の南岸を北東に進む見込みですが、予報円から遠く離れた地域でも激しい現象が起こりそう。台風から近くても遠くても、十分な注意が必要です。
台風18号は非常に強い勢力を保ったまま、4日(土)にかけて沖縄や奄美に接近する見込み。5日(日)は進路を次第に東よりに変えて、6日(月)には本州に近づく恐れ。早めの台風対策を。
目先、台風が近づく小笠原諸島は高波や強風、強雨に注意。その後、ゆっくり発達、ゆっくり速度で北上し、来週前半から中頃に東日本へ影響の可能性も。こまめに情報の確認を。
沖縄では台風の中心がすぐそこまでせまっています。このあと夕方にかけて台風は沖縄本島付近を通過する見込みです。暴風や高波、高潮、大雨に最大級の警戒が必要です。外出はお控え下さい。
午前7時現在、関ヶ原で1センチ、米原で2センチの積雪。東海道新幹線など帰省の足に影響が出る可能性も。名古屋は夕方から雪が降る見込み。雪にあまり慣れていない東海以西の平地で積雪の所がありそう。
大型で強い台風26号が日本列島に向かって太平洋を北上している。10月16日朝には関東地方に接近し、上陸する恐れも出てきた。気象庁では「関東に接近する台風としては10年ぶりの強さ」として、15日から16日かけて、西日本から北日本の広い範囲で、暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けている。