tochijisen

「自分たちの世代で、みんなで変えていこうという気持ちがあるなら行ってほしかった」
366万票を獲得して再選した小池百合子知事。「喫緊の課題である新型コロナ対策を加速していく必要があります」などと、意欲を示した。
小池百合子氏が6割近い得票で圧勝。宇都宮健児氏、山本太郎氏と続いたがどちらも1割程度に留まる。
選挙戦では、過去最多となる22人が立候補した。
7月5日は、東京都知事選の投開票日。2013年のネット選挙解禁から7年、「withコロナ」の時代に、選挙は大きな転換点を迎えている。
前回の都知事選では、20代の投票率は37.65%。すべての年代の中で最も低い投票率でした。
7月5日投開票の東京都知事選をめぐっては、候補者本人以外の写真が使われているものなどもあり、「ポスター」が話題になっている。
都知事選、主要候補者の公約は?新型コロナ対策、東京五輪、雇用・働き方、子育て・女性、LGBTに関する政策の項目に分けて比較しました。
新型コロナ感染第2波の到来に備え、東京都は6月15日に専門家を交えたワーキングチームを発足。検査や医療体制の拡充、モニタリング指標の見直しを始めている。
「緊急政策」として、新型コロナウイルス感染拡大による経済的な損失を補填する給付金などを掲げた。
政党の推薦は受けない。コロナ時代に鑑み、街頭よりもオンラインを活用した選挙戦を行うと表明した。
日本維新の会が、東京都知事選への立候補を表明している小野泰輔氏を推薦すると発表した。
幾度となく「カイロ大学卒業」の学歴詐称の疑いが指摘されても、巧妙にはぐらかしてきた小池氏。しかし、ノンフィクション作家・石井妙子氏の著書『女帝 小池百合子』(文芸春秋)のなかで、それらが虚偽であることが明らかにされている。