tochijisenkyo

出口調査は確かに参考になるが、それが全てではない。「8時当確」への布石はそのずっと前から始まっているのだ。
【データで見る都知事選】投票率は西高東低 投票率が低くて得した人、損した人
舛添氏が強かった地域は? 宇都宮氏と細川氏は? 地区ごとの得票率を地図で見てみよう。
東京都知事選は2月9日、投開票され、無所属で元厚生労働相の新顔、舛添要一氏(65)=自民、公明推薦=が当選を確実にした。
本日、いよいよの東京都知事選の日。東京都民がどんな決断をするのか、楽しみであり、怖くもあります。 未来は誰が決めているかって、私たち一人ひとりが決めています。都民が決め、知事が政治を行う。
2014年2月9日、東京都知事選挙が行われます。ハフィントンポスト日本版でもいくつかの争点を見出して記事を提供したり、またブロガーの皆様の意見を掲載しました。今一度ここで取りまとめてみます。
タレントとして知られている「デヴィ夫人」こと、デヴィ・スカルノさんが送信したメールマガジンが、公職選挙法に抵触する可能性がある。デヴィ夫人は、2月7日、「【デヴィ】ネットの皆さん、「田母神としお」と書いて、必ず投票所に行ってください。」と題したメールマガジンを送信。本文の冒頭でも、田母神としお氏への投票を呼びかけた。さらに、2013年に台風26号で甚大な被害があった伊豆大島へ、田母神氏に同行し、お見舞いと視察に行ったことを紹介した。
街頭からは東京都知事選挙戦の熱気が伝わってくるのに、メディアはこの熱気をなるべく知らせたくないのでは? と思うこの頃。
2月9日投開票の東京都知事選で、舛添要一(65)、細川護熙(76)、宇都宮健児(67)、田母神俊雄(65)の主要4候補が初めて一同に会し、政策について語った。
2月9日に投開票を控える東京都知事選。告示日となった1月23日、各候補の年齢と、有権者の世代別人口を掛けあわせたグラフが、Twitterに投稿された。このグラフによって、若い世代が実は多いことと、それと裏腹に高年齢の候補者が多いことが、改めて浮き彫りになった。