todai

特任准教授を名乗るアカウントがTwitterで「中国人は採用しません」などと投稿していた。
少し前までの楽観的なインターネットの可能性論は大きく後退し、フェイクニュースという言葉が流行する中で、コロンビア出身の大作家の文章論に耳を傾けてみよう。
「自己責任論に染まった、冷たい人間だった」。母子家庭で育ち、苦学の末に東大に入った女性は、かつての自分をそう振り返る。
アンケート結果を受け、東大新聞社は上野氏へのインタビューも検討しているという。
「学問にもベンチャーはある」という言葉は、ネット業界に長く関わってきた自分の胸に響いた。
「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」
「培養肉」は食糧不足の救世主としても注目されている。
国公立大二次試験を直撃…各大学は遅刻者への対応を行っています。
「東大という記号から逃れられないのであれば、誰がその記号を押し付けて、利用して、得しているのかを考えることが重要」
9月29日午後8時には灯火が点灯していたという。