tokyotogisen

今、安倍内閣は、「記憶にない、記録にない。」とのごまかしの姿勢と、国民を「こんな人たち」と呼ぶ上から目線で自滅しています。
自民党では総括の会合が開かれないままの状態が続いており、党内で意見を述べる機会が全くありません。
どうして「自民党は本当に国民の側を見て政治をしているのか」と有権者に思われたのかを分析し、改善しなくてはなりません。
安倍・森首相をはじめとする「自民党の責任」というイメージを都民も国民も抱いていることが今回の都議選大敗の原因です。
我々は「一帯一路」に批判的な中国の民主化運動と連携して、中国の一般民衆をエンパワーメントすべきではないだろうか。
このような都知事の下での東京都政が、法律に基づいて適切に運営されることは、全く期待できない。そのことを、今、改めて痛感している。
少数会派に所属し活動していた元議員の経験から言えば、都民ファースト公認、或いは推薦で当選した新人議員がとても羨ましく思っている。
東京都議選の投票率データを、4段階に色分けし、マップにした。
「都議会のドン」と呼ばれた内田茂・元自民党都連幹事長の後継・中村彩氏が、国会議員に苦言を呈した。
豊洲市場へ移転すると100億円の赤字が発生するという話で大騒ぎになった。しかし...