toranomonhiruzu

東京メトロ(東京地下鉄)日比谷線は2020年夏の東京オリンピック及びパラリンピック開催までに、虎ノ門新駅(仮称)の開業を目指している。
東京メトロとURは、東京都港区の超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」の西側に予定されている地下鉄日比谷線の新駅構想計画を正式に発表した。
東京都は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックまでに、超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の西側に、東京メトロ日比谷線の新駅を設置する構想を明らかにした。
ホテルは旅行者向けの宿泊施設というだけではないということを、みなさんならご存知でしょう。お洒落なデザインホテルやゴージャスな高級ホテルは、ちょっと特別な日や、自分にご褒美したい時など、いつもとは違う時間を過ごすのにも便利。1、2泊してステイケーションを楽しんでもいいし、国際的な客層が集まるホテル内のバーやレストランを利用するだけでも、普段とは違う体験が期待できるはず。
都区部に立地する中小ビル面積の79%は築20年以上を経過しており、大規模ビルが46%であるのとは大きな違いとなっている。
超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)が6月11日に開業を迎える。ホテル、住宅、オフィス、商業施設などが入居する地上52階建てで高さは247メートル。ビルの真下には環状2号線(通称:マッカーサー道路)が貫通する。
GHQのマッカーサー最高司令官が建設を指示したという伝説がある「マッカーサー道路」が、3月29日に開通する。計画決定から実に68年もかかった計算だ。都心の虎ノ門〜新橋間の約1.4キロが結ばれることで、慢性的な渋滞の解消が期待されるほか、2020年東京オリンピックでは選手村と各競技場を繋ぐ大動脈となりそうだ。