tori

強盗の急増についての生中継のレポート中に、堂々と現れた“強盗”は…🦜
報告書は、このままでは人間は自分たちの未来も危険にさらすことになると指摘している
照明を消しても、音を鳴らしてもダメ。運営側があれこれと手を尽くすも退散しない鳥の群れ。窮地を救ったのは、バットを持った千葉ロッテの背番号「3」でした。
アラブ首長国連邦(UAE)に駐在するフランス大使に保護された鳥。飼い主の少女にも元気な姿が届いたようです。
バードストライクを防ぐため、鳥に優しいガラスの使用を義務付ける条例も。
「鳥が顔に飛んできた!鳥が顔に飛んできた!」少女の首に、鳥がすっぽりとはまりました。
茨城県内で飼われていたものが逃げ出し、千葉県内にすみ着いたとみられていた。
思わず助けたくなってしまう....グッとこらえて、親鳥を待ちましょう。日本野鳥の会が呼びかけています
子供たちへの影響を考え中止にしました。
フラミンゴは通常、10月から3月までの採餌期・繁殖期にムンバイとその周辺地域にやってくるが、今年は例年よりもかなり多いようだ。