秘書への暴言・暴行疑惑で自民を離党、無所属で埼玉4区に立候補していた。(衆院選2017)
「放送中に関係先と協議した結果、紹介できなくなった」
豊田氏は被害届の一部を否定、議員は続ける予定
「1強」と言われた安倍政権は激震に見舞われ、最大の試練を迎えている。
ネジが外れたのか、ヒューズが飛んだのかと首を傾げます。
豊田氏が激怒したのは、政策秘書が運転していた際、最短経路より50mほど遠回りしたことが原因。秘書は、後部座席に座っていた豊田氏に蹴られたとも訴えている。