toyosushijo

選挙に利用された築地市場の豊洲移転問題。小池知事の元・右腕が語る。
「豊洲移転白紙撤回」という選択肢は止められた…?
築地市場の豊洲移転問題は、いよいよ2020年の五輪も絡んだスケジュールで動き始める。
都政には多くの課題が山積しておりますが、豊洲市場移転問題には先週末に大きな動きがありました。
豊洲市場に併設される「千客万来施設事業」について、大きなニュースが流れました。
多くの有権者は、その時々のマスコミ論調に左右されてしまうだけなのだろうか...。
豊洲市場へ移転すると100億円の赤字が発生するという話で大騒ぎになった。しかし...
都知事就任から続いた豊洲騒動は一区切りになりそうだが、あらたな火種が生まれつつある。それが...
いずれの方法を採用するにしても、市場関係者との綿密な協議は欠かせないことになります。
築地は、多くの好条件に恵まれています。これらの好条件を活かすのが、報告書の描く「新しい築地市場」です。
東京・築地市場の豊洲移転問題で、東京都の小池百合子知事は5月20日、豊洲移転を正式に表明した。一方で、計画では「築地は守る・豊洲を活かす」とのスローガンを掲げて築地市場の跡地の売却を見直し、5年後を目処に再開発する。