tsukinowaguma

地域によって、その状況が大きく異なり、一概に語ることの難しいツキノワグマは、日本の自然保護の現状と難しさを示す一つの事例といえるかもしれません。
もしツキノワグマに遭遇したら、どうすれば良いのだろうか。
秋田県でクマに襲われたと見られる4人の遺体が見つかった事件に関して、鹿角市十和田大湯の山林で6月10日に射殺されたクマの胃から、人体の一部が見つかった。 一連の被害はこのクマによる可能性が浮上している。
九州で絶滅したはずのツキノワグマが、実は生きていたのか……。10月に入って「クマのような動物を見た」という目撃情報が相次いでいたが、実際には別の動物だったことが判明。
国内で最も絶滅が心配されている四国のツキノワグマ。その生息数は少なければ十数頭、多くても数十頭と推定されています。
2015年5月29日、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」が施行されました。
「島根県のクマ聖地」と呼ばれるほど、ツキノワグマの生息密度が高く、クマと人間との距離が近い匹見町。ここでは、2000年から「広域電気柵」の設置が始まりました。
四国の剣山山系で実施しているツキノワグマ調査によって、2013年冬期に生まれた仔グマが親離れをし、1歳まで無事に成長をしている事実を確認しました。
全国的に、クマの出没が懸念されている2014年の秋。クマを殺さずに対応できないのか? という意見が強くある一方で、クマのすむ山林に隣接した地域では、人や農業などへの被害の現状と不安を訴える声が跡を絶ちません。そうした現場で今、何が起きているのか。そして、クマと人間が共存するために、何が必要とされているのか。WWFジャパンと島根県の共同プロジェクトが展開されている島根県益田市の匹見町から、2014年の春に起きた出来事をご紹介します。