tsunesoshi

水害から1年を経た常総市で、見えてきた復興への課題は何だったのか。
鬼怒川では、茨城県常総市三坂町付近東側の堤防が2015年9月10日午後0時50分、延長200mにわたって決壊した。鬼怒川の堤防はなぜ決壊したのであろうか。
18本のくいが地中に打ち込まれている設計になっていました。
茨城県常総市では9月10日午前、鬼怒川の堤防から水があふれる「越水」が発生した。若宮戸地区では広範囲で住宅地が浸水し、被害は新石下地区などの下流域にも広がった。
茨城県常総市で鬼怒川の堤防が9月10日に決壊し、住宅地に濁流が流れこんだ。自衛隊などのヘリコプターが取り残された住民の救出作業を続けた。