utsukushisa

100人いたら100通りの美があるはずなのに、日本人は「世間並みの美しさ」を求めてしまう。
2013年に大阪の「文の里(ふみのさと)商店街」で企画・制作された、化粧品店「ビューティーショップ ドリアン」のポスターがネット上で話題になっている。
「人は誰でも、その人らしい美しさを持っているもの。それが、伝統的な美しさでも、大きくても小さくても、パワフルでも細くても、肌が白くても黒くてもね」
同じ一週間で、太りすぎているとも痩せすぎているとも言われた。
49歳になったクロフォードは、今なお歳を重ねた美しさを発揮して活躍している。
美のトレンドは繰り返す。「BuzzFeed」は、人々が理想とする美しさが時を超え、場所を変えて大きく変化してきた様子を動画で紹介している。もしかしたら、この中に近い将来復活する美のトレンドがあるかもしれない。
テキサス州に住む24歳のリジー・ベラスケスさんは、世界でたった3人しかいないというきわめて稀な病気を抱えている。この病気のせいで体重は増えず、右目も失明している。しかし彼女は、人間の美しさについての人々の考えを新しくし続けている。