wakingumaza

保育園を作るってものすごく規模が大きな話ですよね。そこに迷いはなかったのでしょうか。
ワーキングマザー先駆者たちは「キャリアアップと成長」にどう取り組んだのか。
2児のママであり、フリーランス協会代表理事の平田さんに聞きました。
フルタイム勤務でもなく、専業主婦でもない「その中間」という新しい働き方とは?
私たちワーキングマザーに必要なのは自信を持って声を上げること。声を上げる人のことを自信を持って応援し、起きている変化の歩みを緩めるのではなく加速させることだ。
7割でマジョリティと言えますが、ほぼ9割が「モヤモヤ」している、しかもその半数以上が頻繁にモヤモヤを感じています。
お弁当はどうも...... なんて苦手意識もあって、毎日のお弁当作りをプレッシャーに感じてしまうママも多いようです。
今、ワーキングマザーとしての働き方にモヤモヤを抱えている方はぜひ一緒に考えてみてください。
二度とああいう形で仕事を失いたくない、明日への仕事につなぐためにはスキルや能力を付加し続けなくてはならない。
ワンオペ家事育児で仕事を諦めるのも、在勤時間の短さで評価されないのも、背景には育児は女性が担うものという意識があるからだ。