wakusutairu

「時差Biz」による「働き方改革」は、日本経済の生産性の向上と一億総活躍社会の実現に寄与する。
連合は東京都内でシンポジウム「職場のパワーハラスメントゼロをめざして」を開催しました。
「働き方改革」の傘下で行われている活動を見ると、正直とてもがっかりする。
働き方改革を、新しい時代へのシフトのチャンスと捉えてほしい。
「100年生きる時代」という意味を頭では理解できても、体が動かなくなっていくさまを、どれだけの人が身体で感じられるだろう?
「会社にいること=安定」の図式は変わりつつあります。一方で、会社を離れて起業やフリーランスになることが唯一の答えでもありません。
青野「今まで、大企業などでは年功序列の絶対的ルールがあって、これに従うしか選択肢がなかった。不健全ですよね。」
これからますます「個人」は会社にとらわれる必要がなくなるのかもしれません。しかし...
当然のことながら、エージェンシー各社は想定される妥当な労働時間を従業員に守らせるだけでなく、オフィス環境にも創造力を発揮している。
「毎日同じことの繰り返し」「自分の仕事に意味はあるのか?」「どうせ言ってもムダ」──。
「体調をオープンにすることの意味を感じたのは、ある上司のもとに異動になった時です」働く女性向けウェブメディア「ウートピ」編集長の鈴木円香さん
女性の生理と働き方について考えるハフポストジャパン主催のイベントが4月25日、東京都港区であり、約20人の女性らが聴き入った。企画「Ladies Be Open」の関連。
「自分は他者の役に立つ」、すなわち「他者に貢献できる」と思えた時にこそ自分に価値があると感じられます。(岸見一郎さん)
4月6日に、厚生労働省が「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会報告書」を公表した。
「なんで辞めんねん!」と思うのですが、ある時気づいたんです。「人が辞めるのは、辞めることで自分の理想を実現したいからだな」と。
ハフィントンポスト『Ladies Be Open』では、「話してみる、会話する」を実践するリアルイベントを4月25日(火)午後7:30から東京・南青山で開催します。
育児も大変だが、介護は終わりが見えない。「一時期だけムリすれば」はまったく通用しない。仕事と介護の両立ができないと継続しない。
国内でのアドバイザリー業務を通じた経験及びグローバルの視点から私見を述べたいと思います。
本当にわけがわからない。100時間以内だの、100時間未満だの、言葉遊びに終始する前に、「なぜ、100時間なのか?」の根拠を示して欲しい。
インドで活躍する魅力的な日本人女性たちの情報をお伝えしていきます。