wamama

仕事に、家事に、子育てに…ワーママとして頑張る萩生田さんが伝えたいメッセージとは。
【佐藤優のお悩み相談室】「女性活躍とか言われるのウザイ」って思ってる私ってダメなのでしょうか。“かっこいいワーママを目指して、家事をしてお洒落をしよう”と巷で言われていますが。
「ワーキングマザー大国」のフランスの幼稚園事情や学童の充実ぶりについて、お伝えします。
キャリアが途切れ、自信を失っていた私の再起を支えてくれたのは「血の繋がっていない」家族だった。
誰かの人生と比べたり、子育てや仕事、生き方の「こうあるべき」に縛られるべきではない。
「女性が負う負担を軽減しながら、より多くの女性に働くことを促した」という、安倍晋三首相の「ウィメノミクス」にも反論しました。
意識して自分のために使う時間を取って、年末年始はリセットしましょう。
【カリスマホストの裏読書術 #9】中野円佳『「育休世代」のジレンマ』