washi

親ワシは数週間前にヒナ1羽を失っており、新たに迎えた赤ちゃんタカがその代わりになっている可能性があるという。
誰もがこれが大スクープだと確信しているわけではない。
オランダ警察が、不審なドローンへの対策用に鷲の訓練を進めています。
勇猛なワシは、陸上では、こう歩くんじゃよ。
鳥たちが捕まった時に見る最期の光景も、こんな感じなのかもしれない...
「あっ! 助けなきゃ!」――と思ったかどうかは定かではない。しかしカモメは、捕らえられた仲間を助けるため、ワシにつかみかかった。
多くの鳥は、自らの羽で飛ぶ。しかし、必ずしもそういうわけではない。
日本の伝統文化を身近に感じたい、伝統工芸を生活スタイルに合わせてリデザインしたり実際に作ったりしてみたい、そんなニーズが高まっています。
アラブ首長国連邦のドバイで、カタシロワシの背中に小型カメラを付け、ワシは世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」のてっぺんから飛び立った。
11月26日(日本時間27日)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、日本政府が推薦した「和紙:日本の手漉和紙技術」を無形文化遺産に登録した。