washinton-posuto

富山県の地元紙などが企画。応援メッセージで八村選手の顔を描く、モザイクアートでエールをおくった。
処分を撤回するよう求める記者らからの声明が発表され、その後処分は解除された。
「トランプ辞任」と大見出しで報じる「ワシントン・ポスト」の号外が16日、首都ワシントンで配布された。配布された号外は1万部にのぼるが、全くの偽物だという。
アルゴリズムが残酷な仕打ちをする事例が、また明らかになった。
政府批判を続けてきたジャマル・カショギさんが行方不明になっています。
今のポストにつながるいくつもの補助線が、映像の中に盛り込まれている。
多くの場合、広告モデルの行き詰まりを、課金だけで支えられるわけではない。
その情報提供者は本物なのか――そんなファクトチェック力も試されているようだ。
「大統領選に関する我々の記事についてジェフ・ベゾス氏から指示も受けたことは断じてありません」
年々発達するソーシャルメディアやスマートフォンの技術を使い、現地の様子を伝えようと、記者たちは悪戦苦闘した。