wezanyuzu

低気圧に向かって湿った空気が流れ込みやすくなるため、関東や東海など太平洋側を中心に局地的な強雨に注意が必要です。
台風への早めの備えを徹底したうえで、万が一の際には避難のタイミングを正確にとらえ、危険と判断されたらためらわずに避難しましょう。
九州から東北南部にかけては35℃以上の猛暑日となる地点が多くなる一方、東日本の内陸部や西日本はゲリラ豪雨・雷雨があります。
室内にいても熱中症の危険が非常に高くなります。こまめに水分補給したり適切にエアコンを使用するなど、熱中症に厳重な警戒が必要です。
東京都や神奈川県など1都4県には、熱中症警戒アラートが発表されました。
高くまで発達した入道雲が近づいてきたり、空に広がる雲の底が濃い灰色や黒っぽく見えてきたら、要注意のサインです。
予想最高気温は埼玉県熊谷市で37℃、東京都心が35℃です。場所によっては40℃に迫る可能性があり、非常に危険な暑さに。
八重山地方や宮古島地方では週明けにかけて雨の降るところがあり、急な強い雨や落雷、強風、高波に十分な注意が必要です。
8月スタートとなる1日は西日本から東海で夏空が広がります。熱中症のリスクが高くなりますので、こまめな休憩や水分補給、塩分補給が欠かせません。
午前中の早い時間から30℃を突破し、昼間は35℃以上の猛暑日の所もある予想です。