yashobun

海外で見た“ある光景”が人生に目標を与え、動物が苦手だった男はペットテック企業の経営者になった。
「彼には素晴らしい未来を生きる価値があるんだ!」
『かわいそう』と扱われると、その犬は本当に『かわいそうな犬』になってしまう。
「北アメリカの歴史の中で、野生生物の保護にとって素晴らしい日です」
「バイソンにも自由を与えるべきだが、実現していない」
犬猫殺処分数全国ワーストだった広島県から始まった、殺処分ゼロ運動。
PRESENTED BY ピースウィンズ・ジャパン
捕獲し(Trap)、不妊・去勢手術を受けさせ(Neuter)、元の場所に戻す(Return)、「TNR」の取り組みが大事だと痛感した。
イタズラ動画で有名な男が、捨てられた犬を救うプロジェクトを開始。
なぜピットブルだけ?
友だちの家に泊まりに行くパジャマパーティーを、保護犬にも提案しています。
ネコのヘンリーが、自分の運命を知っていたのかは分からない。でも、命の恩人に全身で喜びを表現した。
現在日本では、毎日約850匹の犬猫が殺されている。毎年30万匹以上の命が消えているのだ。
広島県は、2011年度の「犬猫殺処分数」が全国ワーストだった。
何とか助けたい、そう思ったボランティアがとった手段は…。
多くの国で8週齢規制が行われているが、日本ではまだ法制化されていない。