yojikyoiku

教育水準について、日本の現場の方々の努力は大変素晴らしいと、取材や活動を続ける中で感じている。
3歳から5歳の保育園枠は比較的空いているため、追加的な整備コストがほとんどかからない、という利点があります。
「もう少し抑えめでいいのに、こんなかわいいのを選びやがって。クサクサした気持ちになった」
こどもたちにだけでもせめて、安心できる大人に「思い」を聞き入れてもらえる自由と安心が確保されていてほしい。
一見すると子育て世代にやさしい制度のようですが...
昨年から度々検討案として挙がっていた「こども保険」制度が提言としてまとめられた。しかし、この「保険」には多くの問題点が存在する。
キレイ事を言いながら受験には勝てない塾ではなく、王道を貫いて堂々と合格を勝ち取る塾が必要なのではないか。
教材やカリキュラムと言うのは、そのねらいを深く理解して「言葉がけ」や「どこまでやらせるか」をコントロールしないと、効果が出ないどころかマイナスに働くこともあります。
質の高い幼児教育(保育)を受けた子ども達は、大人になってから、より所得が高く、持ち家率が高く、生活保護率も低いことが分かったのです。
モンテッソーリ教育法に基づく「子どもの家」と呼ばれる幼稚園「箱舟」は、森の中の別荘という趣だ。