yomiurishinbun

一面広告は今回で4回目。デビュー20年に合わせてのシリーズとみられる
5回目のプレミアムフライデーが間近に迫った6月27日、読売新聞の朝刊に「プレミアムフライデー 定着の兆し」との見出しで全面広告が掲載された。
読売新聞が、前川喜平・前文部科学事務次官が「出会い系バー」に通っていたと報じた5月の記事が、波紋を呼んでいる。
読売記事の掲載は、動機・目的が、時の政権を擁護する政治的目的としか考えられない。
読売新聞は13日付朝刊に「憲法改正報道は重要な使命」と題した溝口烈・東京本社編集局長名の見解を掲載した。
「2020年に憲法改正の施行を目指す」と表明している安倍首相は5月9日、2020年を選んだ理由を「東京オリンピック・パラリンピックも予定されている年」と参院予算委員会で説明した。民進党の蓮舫代表の質問に答えた。蓮舫代表は「オリンピックと憲法改正は関係ありません」と切り捨てていた。
読売新聞の福島県・いわき支局の男性記者が取材せずに他紙の記事を後追いし、町長の談話も捏造していたとして、同紙は15日朝刊におわび記事を掲載した。
7月の参院選から18歳へと選挙権が引き下げられることに伴い、各新聞社それぞれ特集記事を組むなど、様々な取り組みを行なっています。
プロ野球・読売ジャイアンツ(巨人)の野球賭博問題で、日本野球機構(NPB)調査委員会は11月10日、3選手の賭博行為を認定し、無期失格処分が相当とする最終報告書を公表した。