yugosurabia

旧ユーゴスラビアの「スポメニック」の魅力を、写真集『旧共産遺産』を出した星野藍さんに聞いた。
私は「子ども戦争博物館」が国際的な平和構築団体へと進化するポテンシャルを感じています。
旧ユーゴ紛争の最重要戦犯の1人とされる同被告への判決は、東京裁判以来の戦犯法廷として93年に設置された旧ユーゴ国際法廷にとっても節目となる。
6月16日午前0時。ボスニア・ヘルチェゴヴィナの首都サラエボの中心にあるショッピングセンター前は群集で埋め尽くされていました。多くは20代の若者ですが、高齢者や女性の姿も混じっています。広場に据えつけられた巨大なモニターにブラジルのサッカー会場が映し出されると大歓声があがり、発炎筒が焚かれ、花火が何発も打ち上げられました。ワールドカップの舞台にボスニア国歌が流れる歴史的な瞬間が訪れたのです。
セルビアやクロアチアなど、旧ユーゴスラビアを構成した各国に奇妙な形の巨大建造物がそそり立っている。これらは旧ユーゴのチトー大統領が、第二次大戦後に強制収容所の跡地などに建設した記念碑だ。90年代以降のユーゴ崩壊を受けて廃墟となっている。