zeisei

日本若者協議会では、これまで若者の政治参画を中心に政策提言を行ってきた。結果、若者の政治参画の機運は確実に高まってきている。
政府は空き店舗が立つ土地への課税強化を検討する方針を決めた。「シャッター通り」の増加が大きな課題になっているが、空き店舗活性化を妨げていると指摘されてきた。
1990年代半ばには共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、現在では共働き世帯が6割以上を占めている。
内外の年金制度のあり方について見ている立場からすると、いくつかの点で課題が残されている気がする。
なんでお前ごときがパナマ文書で記者会見なんかしてんの? と思った人も多々いると思うので、そして自分自身が一番強くそう感じているので、ここで改めて説明したい。
財務省に要求していた資料がようやく出てきた。資本金階級別の法人税(国税)の税率の資料である。
軽減税率で消費税が安くなったらいいよね、というだけで判断するのではなく、総合的な判断をしっかりしていきましょう。
政府・与党は、酒税の見直しに着手する方針を固めた。ビールの税率を引き下げる一方、発泡酒と第3のビールは増税する案が軸になる見通し。
率直にいって余り筋の良い話ではない。それ故に法案化はないと思う。しかしながら、こういったテーマが話題となったタイミングで、あるべき電波政策を考える事は決して無駄ではないと思う。
内閣府が14日発表した2013年7─9月期国内総生産(GDP)は実質値で、前期比0.5%、年率プラス1.9%、4四半期連続のプラス成長となった。久々に持続的な景気回復となっていることが確認できた。ただ年率4%前後の成長が続いた直近2四半期からは大きく減速。