zennihonkuyu

ANAホールディングス(ANAHD)<9202.T>の伊東信一郎社長は8日の会見で、傘下の全日本空輸(全日空)での国際線を2015年度に成田空港から「5便ほど増やす」計画を明らかにした。アジアの航空会社への出資については「いくつか検討している案件がある」と述べた。
ANAホールディングスは3月27日、過去最大の70機の旅客機を新たに発注すると発表した。アメリカのボーイング社から40機、ヨーロッパのエアバス社からは30機を購入し、2016年度から2027年度にかけて導入する。
全日本空輸の中部空港―ソウル(仁川)線が当面、運休する見通しとなった…
米航空機大手ボーイングは14日、787型機(ドリームライナー)の納入を再開したと発表した。再開後初の納入先は全日本空輸(ANA)<9202.T>。ボーイングは年内に納入が予定されている60機を超える787型機はすべて納入可能であることを確認した。