zou

ゾウのうんちを原料にした「合格ウンチ御(お)守り」を福岡市動物園が作った。30日から配り始めると、「ウン」をつけたい受験生の家族らが行列を作った。
2014年7月1日、ザンガ・サンガ保護地域は1年半近い閉鎖を解かれ、海外からのツアー客の受け入れを再開。今、ふたたび野生動物の楽園として、歩みはじめています。
敬意を表し、ここに赤ちゃんゾウが一生懸命がんばっている様子をとらえた40秒間の動画を紹介する。
アフリカ・ザンビアの大自然。水辺にいた子象が、ライオンの群れに狙われ、襲われる。しかし子象は勇気を振り絞って……。
「世界で一番ゾウに近い国」タイでしか味わえない、特別な体験ができるレアスポットをふたつご紹介します。
ゾウのラデューは、50年にわたって虐待を受けてきた。ギザギザのスパイクがついた鎖で脚を縛られ、通りかかった観光客から残り物をもらって何とか生き延びてきた。
動物の胎児の画像が不気味で、そして美しい。だが、この画像は実写ではない――
南アフリカで、2013年に犀角を採取するために密猟で殺されたサイの数が1000頭以上になった。痛ましいまでのこの数字は、南アフリカで過去最悪のものとなった。ロイターによると、2012年に比べて倍増している。
中国の動物園で生まれた象の赤ちゃんは、母親に踏み殺されそうになり、飼育員たちによって隔離されたあと、5時間も泣き止まなかった。チョアンチョアンは今年8月、中国山東省の栄成市にある「Shendiaoshan野生動物公園」で誕生した。最初に母親に踏まれた時、飼育員たちは、偶然の事故であることを望んでいた。ところが、怪我の手当を行ってから2時間後に母親のもとに返すと、母親は再びこの赤ちゃんを襲ったのだ。