【スゴ技】旨み凝縮の「ビーフジャーキー」がこんなにも料理に使えるなんて!

お酒好きのジョン・レノンが家呑みのお共にしていたのは...ビーフジャーキー。活用の仕方、実は色々あるんです。

12月に命日を迎えることもあり、冬の訪れとともにその歌声を耳にする機会が増えるジョン・レノン。そんな彼は、『Beef Jerky』という風変わりなタイトルの作品を残しています。

1974年、全米No.1に輝いたシングル『Whatever Gets You Thru the Night(真夜中を突っ走れ)』のB面。ビーフジャーキーというコーラスが繰り返されるだけのインストゥルメンタルは、お酒をこよなく愛したジョンならでは、といえる一曲です。

おそらくは彼もつまんでいた家呑みのマストアイテム、ビーフジャーキー。じつはあのスパイシーな風味を料理に活かしている人も結構いるんです!そこで今回はレシピブログで見つけたビーフジャーキー活用レシピをご紹介します。

●野菜たっぷりの洋風肉じゃが「じゃがいもとビーフジャーキーのカレー煮」

いつもの肉じゃがを、カレー粉とビーフジャーキーで洋風にアレンジ!ビーフジャーキーから出るスパイシーな風味と、カレー粉の旨味をこっくりと吸ったじゃがいもがもう最高です!これはごはんもお酒もすすみます~♪

▼レシピをチェック!

●旨みがジュワ~の「大豆とビーフジャーキーのスパイシートマト煮込み」

お豆の煮込み料理チリコンカン風のひと品。じっくり煮込んだジャーキーは、まるで牛スジの赤身のような食感!トマト、ナス、大豆と具だくさんで、ざっとご飯にかけてスパイシージャーキーライス、もおいしそうです。

▼レシピをチェック!

●つくって納得のおいしさ!超簡単「ビーフジャーキーパスタ」

この手があったか~と思わず膝を打つレシピ。サラミやソーセージを使うパスタがあるんですから、ジャーキーを入れたっておしくないはずがないんです!玉ねぎやしめじ、ナスをフライパンで炒めてから、ジャーキーを入れて少し蒸らすのがポイント。スパイスがほどよく聞いてお味も文句なし!

▼レシピをチェック!

●【おまけ】めんつゆでできる!衝撃の「自家製ビーフジャーキー」

ビーフジャーキーそのものも自宅で!まさかのめんつゆと黒コショウで下味をつけた牛肉を、低温のオーブンでじっくり焼くこと30分。見事に水分が飛んでじっくり干したようなビーフジャーキーに仕上がります!噛むほどに旨味が出るあのジャーキーの雰囲気を、めんゆつの旨味が見事に再現してくれます。

▼レシピをチェック!

お料理にも使える、と思えばお徳用サイズをたっぷり買い込むのいいですね!年末年始のおこもりにはビーフジャーキーをお忘れなく。

【レシピブログ通信とは】

16,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

【誘惑の香り】やたらお腹がすいてくる「焦がしバター」レシピ4選

酢飯でチャーハン!オムライス!その驚きの仕上がりは...【自由すぎる酢飯レシピ4選】

運動の秋、ツラい筋肉痛に!保存版アフタースポーツレシピ

ブラックだっていいじゃない!食通をニヤリとさせる「ブラック常備菜」傑作レシピ

インスタントでもOK!こだわりの喫茶店風にできる「秋のコーヒーゼリー」

天才ダリも苦手だった「ほうれん草」、こんな風にして食べてみたら?

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする

ホームページへ