The Blog

餃子だけじゃもったいない!あなたの知らない「羽根つき○○」4選

せっかくですから「羽根つき餃子」以外にも、こんな羽根つきレシピをためしてみませんか。
この投稿は、現在は閉鎖されているHuffPost寄稿プラットフォームで公開されたものです。寄稿者が内容を管理し、当サイトに自由に投稿します。このエントリーの内容が不正である場合は、メールでご連絡ください

どんなに短いメールでも、慣用句やことわざをさりげなく使えれば説得力はぐんとアップするもの。たとえば、モノが勢いよく売れたりなくなったりする様子を表す「羽が生えたよう」という慣用句。

「次々と売れた新商品」より「羽が生えたように売れた新商品」と、「財布からどんどんお金が出ていく」よりも「羽が生えたように財布からお金が出ていく」としたほうが文章に深みが出て、より相手に伝わると思いませんか。

"羽根つき"の演出が効果的なのはお料理も同じこと。せっかくですから「羽根つき餃子」以外にも、こんな羽根つきレシピをためしてみませんか。

●ポイントはチーズを"かけすぎる"こと!?「じゃがいもの羽根ピザ風」

粉を使わずにスライスしたじゃがいもを焼き固めてつくるピザ風のひと品。スイスの伝統料理「ロシュティ」にも似ていますね。ポイントは、仕上げにとろけるチーズをじゃがいもピザからはみだすようにたっぷりのせること。250℃のオーブンで5分ほど焼けば、はみだしたチーズがカリカリの羽根になってとってもゴージャス♪

▼レシピをチェック!

●時短仕上げで羽根つきに!「甘くないフレンチトースト」

いろいろなアレンジで不滅の人気を誇るパンレシピ「フレンチトースト」。浸した卵液をパンと一緒にフライパンに流して焼けば、見事な羽根つきに♪こちらのレシピは、塩コショウとお好みのドライハーブで甘くない仕上がりに。パンそのもののおいしさも楽しもう、と思えば卵液に浸す時間は短くてOK。これなら朝起きてから準備しても、おいしいフレンチトースト・モーニングがいただけます!

▼レシピをチェック!

●コンビニでも見たことない!フライパンひとつで「羽根つきピザまん」

フライパンひとつでふかふかの「ピザまん」ができるこちらのレシピ。蒸し焼きにするときの見事なアイデアで、ふかふかの生地と中のとろ~りチーズに加えて、チーズの羽根のカリカリ食感まで味わえるんです。羽根つきのピザまんなんてコンビニでも見たことないですよね!

▼レシピをチェック!

●野菜たっぷりのヘルシー系。餃子じゃないよ「羽根つき焼き焼売」

羽根つき餃子があるなら「羽根つき焼売」だってありですよね。羽根は餃子と同じように薄力粉、片栗粉を水で溶いたものでOKです。キャベツやえのきなどお値打ちの野菜メインでつくるこちらの焼き焼売レシピ、じつはお肉は入れないんです!それでも、たねに混ぜ込んだ片栗粉でもちもちの焼き上がりに。一度にたっぷりつくって冷凍しておきましょ♪

▼レシピをチェック!

羽根をつけるだけで醸し出されるこのスペシャル感、餃子のものだけにしておくのはもったいない!みなさんは何を羽根つきにしてみますか?

【レシピブログ通信とは】

16,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

【なるほど!】コンビニの「バニラアイス」を劇的においしくする「4つの魔法」

うな重よりお財布にやさしい!支持者急増「土用餅」で夏バテ解消

【トマトの夏】これはあり!すごーく簡単「トマトジャム」にハマる人続出

ソース味でも塩味でもないんです。外国人旅行者に人気の「第3の焼きそば」が気になる!

カレー好きが行きつくスパイシー夏めし「ビリヤニ」って?

ベジタリアン考案「きゅうりの新しい食べ方」が、この夏最高のおつまみ!

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする