BLOG
2015年03月17日 22時44分 JST | 更新 2015年03月17日 22時44分 JST

卒業式に年金を

卒業式などで、来賓の祝辞を依頼されることがあります。いよいよ明日から社会に出ていく若者を前にして、年金の話をしています。

Samuli Siltanen via Getty Images
Two Japanese girls on their university graduation day. Thay are dressed to kimonos and hakama trousers.

卒業式などで、来賓の祝辞を依頼されることがあります。

いよいよ明日から社会に出ていく若者を前にして、年金の話をしています。

きっと、彼らは私ががんばれなどと言わなくてもがんばるでしょうし、人生訓を話しても、たぶん聞き飽きているでしょうから、年金の話をします。

公的年金は、死ぬまでもらえるし、保険料の他に税金が投入されているから、たぶん最も割のいい年金であること、国が破綻する前に保険会社が破綻するだろうから、公的年金は最も安全な年金であること。

しかし、公的年金はこれから削られていくので、将来、プラスアルファの用意をしておくべきこと。

若い人にとって、「時間」が武器であり、少しずつでもよいから将来のために複利で稼いていくこと。

必要なことをやったら、仕事を頑張ること。

彼らにとってみれば、四十年も先の話なので、リアリティがあるかどうかわかりません。

しかし、四十年間、こつこつと投資して、複利で稼ぐのは大切なこと、必要なことだと思います。

確定拠出型の個人年金制度なども少しずつ改善されてきました。

ずっと預金口座に寝かせておいたり、投資信託を短期で買い替えたり、「この株が上がる!」などという記事をみて株でばくちを打ったりしないように、本当は、年金教育、金融教育は高校生のカリキュラムに入れておくべきです。

若い人たちが社会に出たその日から、年金のことを考えられるように、挨拶で触れていきたいと思います。

(2015年3月18日「河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり」より転載)