BLOG
2015年09月24日 00時40分 JST | 更新 2015年09月25日 01時00分 JST

高知県で記録的短時間大雨情報

24日(木)高知県に記録的短時間大雨情報が発表されました。

24日(木)高知県に記録的短時間大雨情報が発表。午前10時30分に土佐市付近で約120ミリ、須崎市付近で約120ミリの雨が降ったとみられます。

四国地方は、四国南岸の前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となっています。

引き続き、太平洋側では発達した雨雲がかかり、昼過ぎにかけて局地的に雷を伴った猛烈な雨が降る見込みです。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒してください。

【記録的短時間大雨情報とは】

数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に、各地の気象台が発表します。(基準は地域ごとに異なります)その地域にとって、「災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするために発表するものです。

(2015年9月24日 11時11分)

【関連記事】

  • 雨雲の動き(予報)
  • 豪雨レーダー
  • 全国の天気予報
  • 日直予報士
  • 日直主任

    臨機応変に日直予報士記事をアップします!

    「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

    日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★