BLOG
2015年12月13日 21時53分 JST | 更新 2015年12月13日 21時58分 JST

今週の地域ごとの天気 冬型の気圧配置へ

16日にかけて日本海を発達しながら低気圧が進みます。17日以降は冬型の気圧配置になり、全国的にこの時期らしい寒さ。北陸から山陰では平地でも雪の所がありそうです。

画面にない地点もクリックするとジャンプします

16日にかけて日本海を発達しながら低気圧が進みます。17日以降は冬型の気圧配置になり、全国的にこの時期らしい寒さ。北陸から山陰では平地でも雪の所がありそうです。

16日(水)まで 主役は南風

日本海を低気圧が発達しながら北東へ進むでしょう。

全国的に雲が広がりやすく、15日(火)は広く雨が降るでしょう。札幌も雪ではなく、雨が降りやすい見込みです。

最高気温

日本海を進む低気圧に向かって、南から暖かい空気が流れ込んできます。

曇りや雨でも全国的に平年より高い日が多いでしょう。

札幌

平年よりも4度以上高い日が続きそうです。15日(火)は10度くらいまで上がり、11月中旬頃の気温です。

東京

平年より高い日が多いでしょう。

16日(水)は平年より4度以上高い18度の予想。厚手のコートがいらないくらいの暖かさになりそうです。

大阪

平年より高い日が続くでしょう。

最高気温は16度前後と、11月中旬頃の気温が続く見込みです。

福岡

15日(火)にかけては平年より3度高い15度の予想です。

沖縄

14日(月)は日差しを受けて気温が上がり、25度以上の夏日になりそうです。

17日(木)以降 主役は北風へ

日本海の低気圧はオホーツク海へ進み、さらに発達する見込み。

日本付近は次第に冬型の気圧配置になり、寒気が流れ込んでくるでしょう。

札幌の上空5000メートル付近ではマイナス35度くらい(この時期らしい寒気)

北海道と東北は日本海側を中心に雪でふぶく所があるでしょう。

また、降水があれば雪の目安になるマイナス6度の寒気(上空1500メートル)は、九州北部から本州の太平洋側まで南下する見込みです。

北陸も木曜日と金曜日は湿った雪や雨が降りやすいでしょう。

11月27日に広島と鳥取で初雪が観測された時の上空1500メートルの気温がマイナス5度5分でした。

今回はそれより低いマイナス7度くらいの寒気が流れ込んできますので、山陰の平地でも雪の降る所がありそうです。

※今回の寒気のピークは17日頃。全国的に風が強まり、北海道の日本海側から北陸にかけては荒れた天気になるおそれがあります。気象情報はこまめに確認するようにして下さい。

太平洋側は日差しはでますが、17日(木)以降、空気が入れ替わります。日差しがあっても風が冷たいでしょう。前日、水曜日との気温差は5度くらいになる所が多くなります。急な気温の変化で体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。

(2015年12月13日 14時0分)

【関連リンク】
2015-12-14-1450052616-6887503-small.jpg
藤野 勝成

気象予報士・防災士

流経大柏高校ラグビー部を卒業して、大学時代はサーフィンに熱中。

卒業後はオーストラリア、宮崎、湘南に移り住み、海と暮らしました。

「自分らしさ」で社会貢献を目指します!

趣味

サーフィン・ゴルフ

気象予報士の劇団「お天気しるべ」所属