BLOG
2014年06月27日 22時08分 JST | 更新 2014年08月26日 18時12分 JST

気持ちスケッチ

ボクがブログやなにかで書くことは、なにか、ためになったりするものではないし、いわゆる、どーでもいいこと、雑文の類に入ると思うんですけど、それでいんですけど、だからといって。テキトーに垂れ流しているんだな、と言われると、そうでもないよ、と言いたくなる気持ちがあります。

ボクがブログやなにかで書くことは、

なにか、ためになったりするものではないし、

いわゆる、どーでもいいこと、

雑文の類に入ると思うんですけど、

それでいんですけど、

だからといって。

テキトーに垂れ流しているんだな、と言われると、

そうでもないよ、と言いたくなる気持ちがあります。

たとえば、裏の路地を歩いていて、

パッっと目についたこと、感じたことを、

なるべく生きのいいうちに、

その光景が持つ温度やツブツブをなるべく壊さぬよう、

スケッチする。

それはそれで、気をつかいます。

うまく書こうとか、いいことを書こうとか

思わないことが案外、難しんですね。

文章が上手いとか、下手とか、

ためになるとか、ならないとか。

そういうことを気にしてしまっては毛頭ダメで、

なにより、気持ちスケッチ、を描けていなくてはならないんです。

さて、ブログを定期的に書くようになって、

メールや手紙をいただくことが、やや増えました

(数はほんの少しですけど、もらうこと自体、

なんだかすごいことだと思っています。

みなさまありがとうございます)。

いただいたメールや手紙に目を通しておりますと、

まぁ、ボクにくれるメールですからね、

どーでもいいようなメールが多いんですね。

(おまえが言うなって感じですけど)

たとえば、昨日届いたメールはこんな具合なのです。

-----------------------------

井川さん、いつも楽しく、ブログを拝見しています。

ちょっと思いついたので、

今日は私の小さい頃の話をしようと思います。

私は小学3年生の頃、あることを夢見ていました。

それは何だと思いますか?

わたしは一人っ子のさみしがりやで、

とびきり優しい父と、ちょっと変わった母がいます。

その両親に、悩みに悩んで打ち明けたことが、

小さい頃あったんです。

「わたしね、ほんというと、魔女になりたいの」

両親はどうリアクションしたか忘れましたが、

「だったら、サンタさんにお願いすれば」と提案してくれました。

「そっかぁ!!」

わたしはすっかり舞い上がって、

空飛ぶほうきをサンタさんにお願いしました。

そして、イブが明けて、クリスマスの朝。

わたしの枕元に1本の竹ボウキが立てかけてあったんです。

それからのわたしは、

毎日、毎日、空飛ぶ特訓の日々でした。

実は、知ってますかー?

魔女の特訓は誰にも見られちゃいけないって。

だからわたし、

部屋のドアもカーテンも完全に締めきり、

真っ暗闇の中でホウキにまたがっていたんです。

ひとり、じーっと、ホウキに力をこめて。

「飛ぶのよ。飛ぶのよ」

真っ暗闇の中、そう信じて練習するわたし。

そして、ほんの一瞬、奇跡が起こったんです!!

両親に「飛べたのよ」と告げると、

父と母はとても喜んでくれました。

自信をつけたわたしは、

本格的に魔女になる勉強をしました。

魔女図鑑なるものまで買いました。

そこには、魔女になるための心得、

そして生活のおきて、

魔女料理のことなどが、

詳しく図や絵で書いてありました。

魔女料理は、スパイスのかわりに

ちょっと変わった食材を使うんです。

ミミズ、ハエ、爪のカス、部屋のホコリ・・・。

わたしは大好きな父と母に、

ミミズのスープと毒キノコのパイを作ってあげました。

父と母は、「美味しくなくもない」と言ってくれました。

そんなわたしも今年で26歳。

会社に入った頃は叱られてばかりだったけど、

いまでは、商売上手とちょっと褒められます。

わたしは残念ながら、魔女にはなれなかったけれど、

ほうきは今でも、私の部屋に大切においてあります。

あっ、魔法のかけ方も一生懸命覚えたので、

いつかまた教えますね。

-----------------------------------

これって、ボクに当てられたものだよなぁ?

と読み終えたボクはそう思いました。

魔女の話を彼女はなぜ、

見知らぬボクにしたんだろうか?

やっぱり、これは、気持ちスケッチなんです。

とにかくなんだかワーッと書いてある。

読み終わった後、いくつも光景が頭に浮かび、

少し胸がざわつきましたもの。

ミミズのスープやらはスプーンで汁を飲み、

フォークで具は絡めとって食べるのだろうか?

毒キノコのスープを飲んだ両親は、その後無事だったのだろうか?

とかね。

〈ボクからの回答〉

メールをありがとう。

小さな自分だけの世界を、

いっぱいに満たすことができるものは、

誰かに与えられた大きなものじゃない。

小さな自分が見つけた、ちっぽけなホントなんです。

そのことを誰かに伝えて初めて。

世界の広さと、自分が取るに足らないものであることを

知っていくんです。

生きていくとはそういうことなんです。

気持ちスケッチとはそのために必要なものかもしれませんね。

~カフェと編集者と漫画家の景色~

カフエ マメヒコ開店から続く フリーペーパー『M-Hico』が今年リニューアルし、

隔月の発刊になりました。

リニューアルにともなって、

漫画家・小説家などの エージェント会社「コルク」を設立された佐渡島庸平さんと、

vol.10~ 「M-Hico」描き下ろし漫画を連載してくださる

漫画家の羽賀翔一さんをマメヒコにお迎えして

「カフェと編集者と漫画家の景色」について色々と伺います。

7/4(金)、5(土) 19:30開場 20:00開始

カフエマメヒコ宇田川町店にて

お申込みの詳細はカフエマメヒコHPでご確認ください