ニュース
2013年10月17日 23時58分 JST | 更新 2013年10月18日 00時01分 JST

汚染水、井戸から40万ベクレル 福島第一原発

東京電力福島第一原発で8月に発覚した高濃度汚染水が300トンがタンクから漏れた事故で、東電は18日、そのタンクから10~20メートル北に掘った観測井戸で、17日に採取した水から放射性ストロンチウムなどベータ線を出す物質が1リットルあたり40万ベクレル検出されたと発表した。前日の16日午前の採取では同61ベクレルで、1万倍近くに急上昇しており、これまでで最高という。

時事通信社

このエントリは、期限切れになった

関連記事

Photo gallery 福島原発 地下汚染水の視察 See Gallery