NEWS
2014年06月27日 01時08分 JST | 更新 2014年06月27日 01時15分 JST

アルゼンチン「再デフォルトに追い込まれる」 国連演説で訴える

Reuters

[国連 25日 ロイター] - アルゼンチンの2001─02年のデフォルト(債務不履行)時に債務再編に応じなかった「ホールドアウト」債権者らに有利な判決が下ったことについて、アルゼンチンのキシロフ経済財務相は25日、国連での演説で、アルゼンチンは新たなデフォルトに追い込まれる、と訴えた。

米最高裁は先週、アルゼンチンには「ホールドアウト」債権者への返済義務があるとの下級審判断を支持、アルゼンチンの上訴を退けた。

キシロフ経済財務相は「ホールドアウト」債権者を「ハゲタカファンド」と批判。アルゼンチンの外貨準備が285億ドルに過ぎないことを指摘し、すべての債権者への返済は不可能、との認識を示した。

同相は「おそらく技術的なデフォルトは避けられないだろう。判決は、アルゼンチンを経済危機のリスクに追いやるものだ」と述べた。

一方、国連貿易開発会議(UNCTAD)は25日、「ホールドアウト」債権者の要求を認める判決について、債務再編プロセスにとってマイナスとの懸念を示し、米国や国際通貨基金(IMF)に同調した。

関連記事

FIFAワールドカップ・ブラジル大会 アルゼンチン代表・メッシの劇的ミドルシュート