NEWS
2014年10月09日 00時01分 JST

白血病を患う5歳の少年、プロバスケット選手になってダンクを決める【動画】

YouTube

10月7日。家族と球団社長が見守る中、JP・ギブソンは、NBAのユタ・ジャズと契約を結んだ。自らの名前が入ったユニフォームを手渡され、そしてチームメイトから歓迎を受けた。

だが、彼はまだ5歳の少年だ。しかも、白血病を患っている。JPは紫のクレヨンで、ジャズの契約書にサインした。

そして、シーズン前の紅白戦。第3クォーター、拍手の中ベンチからコートに立ったJPは、ドリブルでボールを運び、チームメイトの力を借りて、ダンクシュートを決めた。

これは、がんを患う子供を支援する取り組み「Anything Can Be」の一環として行われた。JPは2年前から、急性リンパ性白血病と闘っている。

JPの父、ジョシュ・ギブソンはこう語っている。

「まさかこんなことが起こるとは思いませんでした。ジャズは夢を叶えてくれたんです。でもうれしいのはそれだけじゃない。こんなことを実現してくれる人達がいる、そのことが、とてもうれしくて…」

NBA史上最年少選手が、誕生した。

(English)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています