hakketsubyo

懸垂を行う動画をアップ。新たな一歩を踏み出す池江璃花子選手にエールが相次いでいます。
芯の強さと自然体の美しさを失わない池江さん。でも、“ありのまま”でいることは、私たちにとって簡単ではない。どうすれば、自信を持ち、ありのままの自分を受け入れられるのか。
PRESENTED BY SK-II
「私自身、未だに信じられず、混乱している状態」と語ったあの日から約1年3ヶ月。池江さんが見つけた「自分らしさ」「美しさ」に大きな反響が集まっている。
PRESENTED BY SK-Ⅱ
競泳の池江璃花子選手が、所属するスイミングクラブのコーチのもとで、競技への復帰を目指す。白血病の治療を続けながら、他の選手たちとトレーニングに取り組むという。
不要不急の外出を控えることが呼びかけられることで影響が出ている日本赤十字社。地域によっては、血液がすでに不足し始めているところがあると明らかにした。
2019年12月に退院した池江選手。2024年のパリ五輪出場に向け、ジムでのトレーニングを開始した。
「こちらまで幸せになる」「頑張った人を素直に称える文化良い」と、少年を祝福する人々の姿に称賛が集まっている。
「こちらまで幸せになる」「頑張った人を素直に称える文化良い」と、少年を祝福する人々の姿に称賛が集まっている。
「抗がん剤治療で吐き気が強いときや倦怠感もありましたが、そんな時はとにかく『大丈夫、大丈夫、いつか終わる』と自分を励まし続けました」
「白血病の移植治療のハードルがかなり下がることが期待できます」