NEWS
2014年12月15日 02時09分 JST | 更新 2014年12月15日 19時50分 JST

海江田万里氏が落選 民主党代表を辞任へ

朝日新聞社

12月14日投開票の衆院選で、民主党の海江田万里代表は選挙区(東京1区)で敗れ、比例区での復活もならず落選した。

現職の野党第一党党首が総選挙で落選するのは、1949年の社会党・片山哲氏以来。

NHKによると、海江田氏は15日に記者会見して、「民主党代表を辞任することを表明する。みずからの議席を確保できなかったので、代表を辞任する」と述べたという

海江田氏は7回目の当選を目指したが、2回連続で小選挙区での落選となった。朝日新聞デジタルは「今週中にも代表選を実施する見通し」と伝え、後任候補に岡田克也代表代行や細野豪志元幹事長の名前を挙げた

【訂正】2014/12/15 19:50

当初の記事は「現職の政党党首が落選するのは、1949年の社会党・片山哲氏以来」となっていましたが、正しくは「戦後、現職の野党第一党党首」でした。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery【衆院選2014】当選を喜ぶ候補者ら(画像集) See Gallery