ライフスタイル
2014年12月27日 17時48分 JST | 更新 2014年12月27日 18時04分 JST

「最高の職場ランキング」でFacebookやAppleより上位になったハンバーガーショップとは

A Double-Double burger and french fries are arranged for a photograph at an In-N-Out Burger restaurant in Costa Mesa, California, U.S., on Wednesday, Feb. 6, 2013. In-N-Out, with almost 280 units in five states, is valued at about $1.1 billion based on the average price-to-earnings, according to the Bloomberg Billionaires Index. Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg via Getty Images
Bloomberg via Getty Images
A Double-Double burger and french fries are arranged for a photograph at an In-N-Out Burger restaurant in Costa Mesa, California, U.S., on Wednesday, Feb. 6, 2013. In-N-Out, with almost 280 units in five states, is valued at about $1.1 billion based on the average price-to-earnings, according to the Bloomberg Billionaires Index. Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg via Getty Images

「最高の職場」のランキングで、ファーストフードの会社がFacebookやAppleよりも上位にランクされるとは、誰も思わないだろう。

だが、アメリカのハンバーガー・チェーン「In-N-Out Burger」は、就職支援サイト「Glassdoor」による最新のランキング「最高の職場トップ50」で、FacebookやAppleだけでなく、他の多くの企業を上回る第8位に入った。

In-N-Outは、カリフォルニア州、アリゾナ州、ユタ州、テキサス州、ネヴァダ州で約280店舗を展開するハンバーガーチェーンであり、今年のリストでは唯一のファーストフード企業だ。同社は昨年の「トップ50」には入っていない。

Glassdoorのランキングは、従業員からのフィードバックのみに基づいている。同サイトは、従業員が投稿した自分の職場の良い点と悪い点についてのレビューを80万件以上集めてきた。具体的な内容は、自分の勤める会社にどれくらい満足しているか、友人にその会社で働くことを勧めるか、そして、賃金、福利厚生、昇進の機会、ワークライフバランスに関する情報だ。

「トップ50」の順位は、従業員がつけた5段階評価の平均値で決まる(「仕事に完全に満足」が5点)。対象となっているのは、従業員1000人以上の企業のみだ(1位から50位までの一覧は、このページ下部の表に示されている。なお、リストの1位はGoogleで4,5点、同率2位はボストンのコンサルティング会社Bain & Coとネスレ・ピュリナで、ともに4.4点。In-N-Outは4.2点。Facebookは4.1で13位、Appleは4.0で22位)。

低賃金で従業員を冷遇することで知られるファーストフード業界で、In-N-Outは型破りな会社として知られている。同社の企画開発担当副社長、カール・バン・フリート氏によると、In-N-Outでの時給は、入ったばかりの新人でも10.50ドルだという。これは、全米のファーストフード従業員の時給の中央値である8.49ドルよりもかなり高い。

バン・フリート氏は、ハフポストUS版に寄せたメールで、次のように述べた。「私たちは、明るく熱心で顧客中心の労働環境をつくろうと努力しています。高めの給与体系は、その実現に役だっていますが、それは私たちのアプローチの一部分にすぎません。それと同じくらい重要なのは、従業員を大切にして、すべての店舗で良い労働環境を維持することです」

アメリカでは、2年ほど前からファーストフード業界の労働者の待遇に対する抗議活動が広がっている。2014年5月には、イリノイ州シカゴ近郊にあるマクドナルド本社で、138名が逮捕される大規模なデモが行われた(日本語版記事)。また、12月はじめには全国190都市で一斉にデモが行われた。

しかし、In-N-Outの従業員は、同社にかなり満足しているようだ。

「賃金と労働時間は文句なし。落ち着いていて快適な雰囲気。福利厚生は充実していて、昇進の機会も十分。仕事仲間は友好的で親切。全体として、ここでの経験には大満足」と、In-N-Outで働き始めて1年未満のあるパートタイム従業員は、Glassdoorに投稿したレビューで述べている。

また、同社で勤続5年以上のあるフルタイム従業員は、良い点として「企業が掲げる価値感、従業員の待遇、有給休暇、雰囲気」をあげている

Glassdoorのサマリーによると、In-N-Outで悪い点として挙げられていることのひとつは、フルタイム従業員になることが難しい点だ。ほかに、服装規定が厳しい、長時間の立ち仕事、シフトが終わったときには体中がハンバーガーくさい、といった不満もあるようだが、それはファーストフード業界での仕事には付きものだろう。

なお、Glassdoorサイトは、従業員レビューのモデレーション(内容が偏った投稿を排除するなどの調整)を行っており、ユーザーは、メールアドレスかFacebookのプロフィールによる本人確認を受けている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司、合原弘子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています