NEWS
2015年03月10日 18時15分 JST

アルゼンチンでヘリ2機衝突 オリンピック金メダリストも犠牲に

アルゼンチン西部ラリオハ州で9日、ヘリコプター2機が衝突し、五輪金メダリストを含む10人が死亡した。

ASSOCIATED PRESS
A man stands near the smoking remains of a helicopter that crashed with another near Villa Castelli in the La Rioja province of Argentina, Monday, March 9, 2015. Two helicopters carrying passengers filming the popular European reality show “Dropped” crashed Monday in a remote area of northwest Argentina, killing everyone on board, authorities said. (AP Photo/Gabriel Gonzalez)

[ブエノスアイレス/パリ 10日 ロイター] - アルゼンチン西部ラリオハ州で9日、ヘリコプター2機が衝突し、地元当局者によると10人が死亡した。フランスの大統領府は10日、死者のうち8人はフランス国籍で、五輪金メダリストのカミーユ・ムファさん(25)らが含まれると発表した。

大統領府は声明で、ムファさんのほか、ボクシング選手アレクシス・バスティーヌさん(28)、セーリングで知られるフローレンス・アルトーさん(57)らが搭乗していたと発表。衝突はテレビチャンネルTF1の番組撮影時に起きたという。

五輪金メダリストのカミーユ・ムファさん。2012年7月撮影(2015年 ロイター/David Gray)

ムファさんは、2012年のロンドン五輪競泳女子400メートル自由形で金メダルを獲得。バスティーヌさんは08年の北京五輪で銅メダルを獲得した。

地元メディアなどによると、生存者はおらずアルゼンチン人操縦士2人も死亡。撮影していたのはリアリティー番組「Dropped」で、同番組に出演しているサッカーの元フランス代表シルバン・ビルトール氏は、「友人のことを思うと悲しい。震えている。恐ろしい話だ」とツイッターに投稿した。

ラリオハはアルゼンチン西部の山岳地帯。