NEWS
2015年03月16日 00時48分 JST | 更新 2015年04月12日 20時48分 JST

プーチン大統領、クリミア併合で「核兵器準備していた」

ロシアのプーチン大統領は、15日放送の事前録画されたテレビ番組のなかで、約1年前にウクライナからクリミアを併合した際、核兵器の使用を準備していたと明らかにした。

Reuters

[モスクワ 15日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は、15日放送の事前録画されたテレビ番組のなかで、約1年前にウクライナからクリミアを併合した際、核兵器の使用を準備していたと明らかにした。

クリミア併合からまもなく1年を迎えるのを前に、国営テレビが同番組を放送。核兵器使用の準備をしていたかと質問されると、プーチン大統領は「われわれに準備はできていた」と答えた。

また、昨年2月にウクライナのヤヌコビッチ前大統領が親欧米派のデモを受けて失脚した際、ヤヌコビッチ氏の命をロシアが救ったと言明。その後のクリミア併合についてどのような事態になるか理解不能であったため、「軍隊を向かわせただけでなく、直接指示しなくてはならなかった」と語った。