NEWS
2015年08月17日 16時07分 JST

23歳男性、女社長に腹蹴られ死亡か 車のなかで5時間指導

23歳の会社員の男性が、車の中で倒れているのが見つかり、その後、死亡した。警察は47歳の女社長を、傷害致死の疑いで調べている。

8月17日未明、愛知県大府市朝日町の駐車場で、会社員の男性が、車の中で倒れているのが見つかり、その後、死亡した。県警東海署は40代の女社長を、傷害致死の疑いで調べている。

テレ朝newsによると、この日の午前3時ごろ、大府市の駐車場から「車の中で男性を蹴ったら意識、呼吸がない」と魚の卸売会社を経営する女(47)から119番通報があった。救急隊が駆けつけると、車の中で愛知県知多市に住む会社員・増元春彦さん(23)が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡した。

女は「勤務態度が悪く、注意するため呼び出した」と説明。駐車場に止めたステーションワゴンのなかで、増元さんを約5時間にわたり指導したという。

女は増元さんを複数回蹴ったと認めている。一方、中日新聞は女の20代の息子も一緒にいたと報じており、署は関連の有無を調べているという。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています