NEWS
2015年10月08日 21時08分 JST | 更新 2015年10月08日 21時08分 JST

週刊文春編集長、3カ月休養 春画掲載で「配慮欠いた」

春画に関する記事掲載をめぐり、「週刊文春」の新谷学編集長が3カ月間休養することが8日、わかった。

週刊文春編集長、3カ月休養 春画掲載で「配慮欠いた」

春画に関する記事掲載をめぐり、「週刊文春」の新谷学編集長が3カ月間休養することが8日、わかった。朝日新聞の取材に対し、文芸春秋は、週刊文春10月8日号(1日発売)に掲載されたグラビア記事をめぐり、「編集上の配慮を欠いた点があり、休養させる対応を取った」と説明している。

東京都文京区の「永青文庫」で開催中の「春画展」を紹介する記事で、喜多川歌麿や歌川国貞、葛飾北斎の計3作品をカラーで掲載。同社は「読者の皆様の信頼を裏切ることになったと判断した。編集長には3カ月の間休養し、読者の視線に立って週刊文春を見直し、今後の編集に生かしてもらうこととした」とコメントした。

(朝日新聞社提供) 
Photo gallery 春画の画像集 See Gallery
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています